ビットクラブネットワークのマイニングビジネスは派手ではないように見られます。

実際にビットコインのマイニングは、高配当案件に比べれば、一見すると魅力が無いように見える。

毎日、チャリンチャリンと小さな配当しかなく、つまらないようにも思えます。

 

実際に3500ドルコースを購入した場合、最初の週のマイニング配当は0.033BTCです。

1ヶ月で0.033BTC × 4(週間)= 0.132BTC

このペースで初期投資を回収しようと思ったら、約2年弱かかります。

 

しかし、ビットクラブネットワークのマイニングの再購入比率の最低設定値は下のようになります。

500ドルコース:50%
1000ドルコース: 40%
2000ドルコース:30%

 

上記をパックで合わせたのが3500ドルコースになります。

よって、再購入比率が設定されている以上、時間の経過と共にマイニング料が増えます。

なので実際には1年くらいで元は取れます。

 

でもこれでは面白くないですよね。

もっと稼げないとビットクラブネットワークのマイニングに投資しようとは思いませんよね。

そこで、本気で複利運用を使って計算するとどうなるでしょうか。

 

仮に3500ドルコースを購入後、2年間100%を複利運用で回します。

報酬を全てマイニングマシーンの再購入に充てるので、2年間は報酬ゼロです。

2年の後、再購入比率を、◯◯%まで落とした場合どうなるでしょうか。

 

2年後の1週間の報酬は0.1BTCで、1ヶ月で0.4BTCです。

今後は報酬を受け取りながら、マイニングマシーンも増やしていきます。

半年後の2年半後の1週間の報酬0.15BTCで、1ヶ月で0.6BTCです。

 

さらに3年後の1週間の報酬は0.3BTCで、1ヶ月で1.2BTCです。

さらに3年半後の1週間の報酬は0.6BTCで、1ヶ月で2.4BTCです。

あくまでもシュミレーションであることをご理解ください。

 

どうですか、これが複利運用のすごいところです。

冷静に考えて、3年後の1ヶ月1.2BTCでは、まだまだ少ないと思いますか?

それは今のビットコインの価格で考えてませんか。

 

ビットコインの可能性でも説明しましたが、時価総額から考えても今のビットコインの価格は安すぎます。

今のビットコインの時価総額をザックリと多めに見て2兆円とします。

トヨタ自動車の時価総額の20兆円と比べても、明らかに今の時価総額はまだまだ安いですよね。

 

3年後の1ヶ月の報酬が1.2BTCの時に、1ビットコイン50万円は超えていると想定しています。

それでも1ヶ月の報酬として考えて少ないでしょうか?

 

このようにシュミレーションをしていくと、数年で数千万円の資産が築ける可能性があります。

これこそが、マイニングの複利運用に加えて、ビットコインの価格の上昇がおりなすパワーです。

 

最初の始まりは、ビットクラブネットワークへの3500ドルの投資だけです。

追加投資や紹介料など一切考えていません。

 

フィンテックにより時代が大きく変わろうとしている真っ只中に私達は今こうして生きています。

 

その裏に見え隠れしている壮大なお金の流れを受け止めるチャンスはそうそうありません。

往々にして渦中にいる人間はそれに気づかず、普通にそこを通り過ごしてしまいます。

そして、数年後になって振り返り、あの時あれをしていれば、と頭を抱えます。

 

IT革命でyahooの公募70万円の株が最高値8億円まで到達したのを覚えていますか。

これを読んでいる方で、IT革命で億万長者になった方はいらっしゃるでしょうか。

そのIT革命を超える壮大な波が押し寄せているこのチャンスを今度はしっかりと受け止めましょう。

 

ビットクラブネットワークのマイニングビジネスの可能性のすごさに気づいて頂けたでしょうか?

ご理解いただけたら、以下の当サイトから登録するメリットをどうかお読みください。

今度こそ一緒に、時代の流れの中にある大きなチャンスをつかみ取りましょう。

 

→当サイトから登録するメリット

 

■編集後記

ビットクラブネットワークの可能性は広がる一方です。

正直、ビットクラブネットワークのことを考えていると、ワクワク感ありすぎ。

たまに夜眠れない時すらあります。(笑)

 

→当サイトから登録するメリット