ビットクラブネットワークのビットコインのマイニングへの投資は非常に堅い投資です。

堅い投資ゆえに、日利〜%などという派手さはありません。

しかし、運用方法によって数年後に恐ろしいくらいの報酬となります。

 

その運用方法とは、報酬を数年間マイニングマシーンの再購入に充てるのです。

要するにマイニングマシーンを複利運用でどんどん増やします。

それはマイニングマシーンの親機に子機をどんどんと増やすイメージです。

 

私が9月から運用を開始したビットクラブネットワークのマイニングの画面です。

日付とともに増えているのがマイニングマシーンの子機です。

左から500ドルコース・1000ドルコース・2000ドルコースです。

 

上記をパックで3500ドルコースで購入できます。

 

 

 

 

注目は赤のラインの2月以降から3日に1つくらいの割合で子機が増えていますよね。

これは私がビットクラブネットワークのマイニングマシーンの再購入比率を変えたからです。

お恥ずかしい話、その日までビットクラブネットワークのマイニングビジネスの潜在的パワーに気づいていなかったのです。

 

なんとなく、マイニングマシーンを増やすというイメージがご理解できたでしょうか?

赤ラインの上がほぼ4ヶ月で増えた子機で、赤ラインの下がほぼ1ヶ月で増えた子機です。

これが、複利運用の本当のパワーです。

 

そこで、このビットコインのマイニングマシーンの複利運用を数年続けたらどうでしょう。

ちょっと想像を絶すると思いませんか。

時間が経てば経つほど、複利運用は加速度的にマイニングマシーンを増やします。

 

数年後たっぷりとマイニングマシーンを増やしたところで、再購入比率をある設定値まで落とします。

当然ですが、それから受け取る報酬も加速度的に増えていきます。

エクセルで計算式を作って実際に計算してみました。

 

そこには怖いくらいの計算結果が出てきます。

そこにはマイニングマシーンの複利運用とビットコインの価格上を考慮しています。

この計算式を見て、私は新たにビットクラブネットワークのポジションを増やしました。

 

これを読まれている方は3500ドルコースで十分だと思います。

ITビジネスで当初ヤフーの70万円の株が8億円にまで上昇しました。

そのIT革命より、大きな革命であると言われてる、フィンテック革命。

 

IT革命で大きなチャンスを逃した人こそ、このフィンテック革命でチャンスを手にしましょう。

そのチャンスを手にするためのリスクは、ビットクラブネットワークへ3500ドル投資するだけです。

あとは家宝は寝て待てです。

 

一緒にフィンテック時代の勝ち組に移動しましょう。

 

→当サイトから登録するメリット