私とビットクラブネットワークとの出会いは、日本人にしては早かったのです。

 

去年の2016年9月8日でした。

ある方の紹介で、ビットクラブネットーワの良さも知らずに登録しました。

まあ、その方は私も信頼していたし、数十万円ならいいかという感じでした。

 

それから、チャリンチャリンとビットコインが毎日振り込まれてきました。

それを毎日見ながら、ニヤニヤしている自分がいました。

 

ところがそのうちに、D9クラブとかビットリージョンの話が舞い込んできました。

日利1%で月利30%という強烈な報酬に目がくらみました。

それからというもの、高配当案件に取り憑かれたように、高配当案件を研究しました。

 

そんなことをしているうちに、ビットクラブネットワークの存在すら忘れていました。

しかも、ビットクラブネットワークの投資のシステムすら理解していませんでした。

投資家としては、あるまじき行為そのもです。

 

たまにビットクラブネットワークのことを思い出したこともありました。

しかし、ビットクラブの投資元本をD9に回せないかな〜などと考える始末。

今考えるとアホ丸出しでした。

 

当然ですが、そんなこともできるわけがなく、ビットクラブネットワークは放置状態。

そのうち、クルードマナーズを始め、超高配当の投資案件が飛び始めました。

自分もクルードマナーズには100万円ほどやられました。(涙)

 

それからというもの、高配当で投資先を決めることを止めました。

まずは実態と実績に基づいて投資先を選ぶようになりました。

それでもまだビットクラブネットワークの素晴らしい可能性には気づきませんでした。

 

こんな感じで、ビットクラブネットワークには申し訳ないような出会い。

それが私とビットクラブネットワークとの出会いでした。

どうぞ笑ってください。(笑)

 

でも、本当のビットクラブネットワークの潜在的パワーを知り、倒れそうになりました。

 

→その時の投資シュミレーションを見た時の記事

 

→当サイトから登録するメリット

 

■編集後記

私はある方との出会いによって、ビットクラブネットワークに投資をしました。

しかし、その方とは違う方によって、本当のビットクラブネットワークのすごさを知りました。

出会いとは紙一重だな〜って心底思いました。

 

ビットクラブネットワークの本当のすごさを気づかせてくれた方が私のアップの方です。

その方には本当に感謝しています。

おいおいまだ成功したわけではないでしょ、と聞こえてきそうです。(笑)

 

でも、ビットクラブネットワークの潜在的パワーに気づけただけでも本当に幸せだと思っています。

 

→その時の投資シュミレーションを見た時の記事

 

→当サイトから登録するメリット