ビットクラブネットワークのマイニング・ビジネスへの投資。

そこから得られる報酬の受け取り方は、いろいろあります。

私のグループでは、当初はマイニング・マシーンの再購入比率を100%をオススメしています。

 

その後、ある時期までそのままの設定で、マイニング・マシーンの子機を複利運用で増やします。

そして、たっぷりとマイニング・マシーンが貯まったところで、再購入比率をある設定に落とします。

そうすると、報酬を受けながら、マイニング・マシーンの複利運用をします。

 

ということは、報酬を受け取る日数は無制限で受け取れるということです。

マイニング・マシーンのリース契約は1000日で終わりです。

しかし、1000日経って無くなるマイニング・マシーンもあれば、新しく生まれるマイニング・マシーンもあります。

 

では、ビットクラブネットワークからの報酬が無くなるときはどんなときでしょうか。

 

①ビットクラブネットワークがマイニングで稼げなくなったとき

マイニング会の大御所で、マイニング・マシーン用のチップと基盤を作っている以下の会社と提携している限り、その可能性は非常に低いと思います。

なぜなら、最新鋭のマイニング・マシーンを使えるからです。

BitFury ビットヒューリー(マイニング専用チップを作っている会社)
AntPool アントプール(マイニング専用基盤を作っている会社)

 

 

 

 

②ビットコインのマイニング・システムの崩壊

ビットコインはブロックチェーンというインターネットのシステムで動いています。

このブロックチェーン革命こそが本当に革命的にすごく、可能性を秘めています。

世界中の技術者が常にブロックチェーン技術を日々向上させています。

お金持ちは、ブロックチェーンの技術にどんどん投資をしています。

その結果、ビットコインが誕生して10年弱が経とうとしていますが、これまでに一度もビットコインのシステムがダウンしことはありません。

 

③ビットコインそのものの価値が無くなる

今、すごい勢いでビットコインを使えるように世界的にインフラが整ってきています。

ここ最近の日本でもビッグカメラがビットコイン決済を始めました。

今後も、アマゾン・楽天など、流れは止められないでしょう。

しかも、ビットコインは他のコインとは徹底的に異なる点があります。

それは、ビットコインの発行枚数が2100万ビットコインと決まっていることです。

それに対して、他のコインは発行元が自由に枚数を増やせます。

おのずとビットコインに対する希少価値が生まれます。

 

上記の理由から、ビットクラブネットワークらかの報酬が途絶えることは非常に考えにくいです。

これだけのローリスク・ハイリターンの投資は、今までに見たことも巡り合ったこともありません。

ビットクラブネットワークは知れば知るほど、ワクワク感が止まらない投資先です。(笑)

 

→当サイトから登録するメリット

 

■編集後記

私はビットクラブネットワーク以外にもビットコイン関係の投資をしています。

有名どころで言うとD9クラブなどです。

でも、知り合いにオススメできるのはビットクラブネットワークだけです。

 

他はリスクが高過ぎます。

いくら投資は100%ではなく自己責任だと理解したとしても、お互いに気まずくなります。

だから、ビットクラブネットワークしか絶対に紹介しないと決めています。

 

もちろん私自身も本気で投資ているのはビットクラブネットワークだけです。

 

→当サイトから登録するメリット