ビットコインの流れは止まりません。

ネット通販大手の楽天が海外でビットコイン決済を採用することに決定したようです。

アメリカを皮切りに、ドイツやオーストリアと、どんどん増やしていく。

 

 

ビットコイン決済を望む、買い手側のニーズがどんどんと増えています。

ただ、だからビットコイン決済を採用するというだけではありません。

ビットコイン決済を導入するネット通販会社にも大きなメリットがあります。

 

ビットコイン決済の手数料は1%以下です。

それに対し、カード決済の手数料は数%かかるので、手数料を大幅にカットできます。

ようはビットコイン決済は、買う側・売る側の両方にメリットがるのです。

 

となればビットコイン決済が今後も増えていくことは間違いありません。

楽天・アマゾン・グーグル・ヤフーがビットコイン決済を採用すればどうなるでしょうか。

ビットコインのインフラが整い、ビットコインを使う人達が増えることでしょう。

 

そうなればなるほど、ビットコインの価値が上がり、ビットコインの価格が上昇します。

その時こそ、ビットクラブネットワークに投資してよかったと思うはずです。

ビットクラブネットワークへの投資こそ、未来を見据えた投資です。

 

このビットコイン革命・ブロックチェーン革命で、ひと財産気づきませんか。

ビットクラブネットワークはその革命を乗りこなすには最高の乗り物です。

みなさんの勇気ある一歩をお待ちしています。(笑)

 

→当サイトから登録するメリット

 

■編集後記

楽天はサッカーの名門チームのFCバルセロナのメインスポンサーになります。

あの超有名なメッシ選手をはじめとした世界の選手の胸にRAKUTENの文字が刻まれます。

そんな世界の楽天がビットコイン決済を始めるのです。

 

これは歴史を変える大いなる一歩となることでしょう。

 

→当サイトから登録するメリット